マグネットのお手入れガイド

カスタム・マグネット を適切に使用し手入れすることで、耐久期間を延ばし、貼り付け面を保護することができます。高い性能を保つために、以下のお手入れ手順に従うことをお勧めします。

表面を準備する

  1. マグネットを金属の表面に貼り付ける前に、表面の塗装、クリア・コート、ワックスが硬化していることを確認します。

  2. 中性洗剤で表面とマグネットを洗浄します。

3.柔らかい布で拭くか自然乾燥させます。

マグネットの貼り付け

1.滑らかな平らまたは軽くカーブした金属面に貼り付けます。

3.マグネット全体が金属面に対して平らになっていることを確認します。突き出たもの(モールディング、デカール、ピン・ストライピングなど)や、くぼみの上に貼り付けないでください。 空気が入ってはいけません。

5.最善の結果を得るには、取り付け時のマグネットの温度は 60°F(16°C)以上の室温であることが必要です。

  1. 直射日光にさらされる水平の金属面(自動車のフードなど)や、温度が 160°F(71°C)以上または 15°F(-26°C)未満の面には使用しないでください。低温にさらされるとマグネットが割れやすくなるため、扱いに注意してください。

  2. マグネットで覆われた部分は紫外線を通さないため、日光に頻繁にさらされる面(車両など)に長期的に使用すると、色むらができる場合があります。

洗浄

1.湿気や、マグネットと金属面の間の水分や泥が溜まらないよう保護するために(特に屋外での使用の場合)、マグネットを定期的に取り外してます。中性洗剤でマグネットと金属面の両方を洗浄し、柔らかい布で拭くか自然乾燥させます。(車載標識の場合は、日常的に剥がして洗浄してください。)

  1. ワックスをかけて磨いた後は硬化するるまで 2 日間置いてからマグネットを貼ってください。